窯元直販!安心安全の日本製土鍋 - 伊賀焼窯元 山又窯

こんにちは ゲスト 様   ログイン会員登録
伊賀焼窯元 山又窯
〒518-1325
三重県伊賀市丸柱1274-1
TEL 0595-44-1502
FAX 0595-44-1021
模様で選ぶ
  • 伊賀黒釉土鍋
  • 点字丸紋土鍋
  • 梅絵土鍋
  • 梅絵黒釉土鍋
  • 輪花黒釉土鍋
サイズで選ぶ
  • 土鍋10号(5〜6人用)
  • 土鍋9号(4〜5人用)
  • 土鍋8号(3〜4人用)
  • 土鍋6号(1人用)
トピックス
ごあいさつ
「もしもひびが入ってしまったら
おかゆ を炊きましょう。」

取り扱い説明されていますが、
防げないひび割れもあります

ひび割れが起こると
水が浸みこむ場合
水が浸みこまない場合
あります。

使用中割れてしまう危険
があります。

急冷、急熱をさけてご使用下さい。



また、京都のスッポン鍋屋さんや
湯豆腐屋さんの様に
使い続けないと
ひび割れのひびの奥にカビが
生えます。洗ってもとれません。
料理の味がかわります。

昨年買われた土鍋の
ひび割れが黒いのは
かびが生えています。

ひび割れを見つけたら
買い換えを
おすすめします。


ひび割れは
使えば使うほど
粘土と釉薬の
熱膨張の差により
起こります。

それが、
磁器(有田焼)や
Т(備前焼.常滑焼  「朱泥急須」)にはない、

陶器(伊賀焼etc)の貫入です。

陶磁器は、粘土の違いで、
上記3種類に分類できます。

貫入の入っているのが陶器で、
入っていないのが磁器です。


今は、粘土開発で、
両方のいい特質をいかした
半磁器(美濃焼)があります。

磁器やТ錣亡啼が入ると  
それは、ひび割れでなく
割れている状態です

(亀甲青磁美濃焼 は割れていません。)

1日の気温差でも、
貫入が入ります。

ひび割れが起こると
そこから水が浸みこみ始めます。

その結果

沸騰しにくい土鍋になり
カビが生えます。
その土鍋で煮炊きすると 
土鍋外側から
黒い煮汁
が出てきます。

その煮汁は、煮物の中にも浸みこみます。

土鍋を乾燥しないまま使用すると、
外側から黒い煮汁が
出てきます。
この場合
中には入りません。(高耐熱土鍋のみ)
軽く空焚きして
乾燥させると
煮汁は出てきません。

内側が黒色の土鍋では、
貫入の状態を
確認できません。


高耐熱土鍋は
ひび割れを起こりにくく 
するため開発されました。
 
弊社土鍋は、サンプル検査で 
土鍋を空だきし、 
500度の熱衝撃テストを 
行っています。 
今のところ 
水が浸みこむほどのひび割れが  
起こったことがありません。 
 
原材料に不純物の重金属が混ざると   
必ず焼き上がりの色出てきます。

くすんだグレーか、焦げ茶色か、深緑か、それらを混合した色になります。  
有田焼の天草陶石は  
不純物がほとんとないので  
真っ白です。  

織部釉などのみどり色と、
辰砂の赤色は、
酸化銅の色です。

志野釉などの白色は、
長石か酸化ジルコニウムか酸化チタンの色です。

天目釉の黒色は基本、鉄、コバルト、クロムの混合です。
黒色の分析は困難です。

弊社伊賀粘土には、
ごくわずかの鉄分が含まれています。
その鉄分の色が焼き上がりに発色しています。
酸化焼成の為淡い黄色になります。
還元焼成にすると淡い青色になります。
いわいる青磁のいろです。


  
  不純物はおもに重金属です。

重金属の流出で土壌蓄積、水質汚染されます。
現在、有害と言われる重金属等は、  
カドミウム・六価クロム・シアン・総水銀・アルキル水銀・   
セレン・鉛・ヒ素・ フッ素・ホウ素が挙げられています。 



   今の日本には、
食品衛生法があるので、
鉛、カドニウムなど
有害物質が溶出する
土鍋は、

一切販売されていません。

    釉薬に鉛(鉛白)を入れると

1200度でガラス化するのが
1100度でガラス化することができ、
1100度から1200度にする
ガス代(工業用ガスLPGブタン)が節約できます。
日本にはない石炭窯で本焼きすると
かなり安く本焼きできます。

有田焼の磁器で1300度近く
伊賀焼の陶器は、1200度前後です。

焼結ぐあいは、本焼き温度と焼成時間によります。

低温焼成釉薬に
鉛は欠かせないものでしたが、
現在日本では
無鉛低温焼成釉薬が開発されています。

日本では、鉛白の製造販売禁止です。  

規制のない諸外国では、
鉛白を自由に使っています。
昔の日本も同じです。

規制することで、
安全を保っています。


鉛白使用の陶磁器を 
見分けるには、 
鉛の溶出検査しか
方法がありません。 
 
全品検査は現実的に不可能です。 
サンプル検査にするしかありません。 
溶出は、本焼き温度と鉛白の量で   
変化するようです。 
  


   伊賀で採れる粘土は、古琵琶湖層の地層です。 
伊賀木節系で伊賀蛙目系が混じっているのが    
土鍋に最適な粘土です。   

異なる粘土をブレンドする事で
異なる特徴をもった
陶磁器ができます。

  三重県の窯業研究所で
耐熱土鍋の研究をしたおかげで、
高耐熱土鍋ができました。
  三重県四日市の万古焼は、
日本一の土鍋生産地です。
  弊社も研究所のデータ
おかげさまで、開発に
成功しました。


高耐熱土鍋は、
三重県の窯業試験所
現在名.
三重県工業研究所
窯業研究室で
開発した土鍋です。

高耐熱土鍋の研究開発は、
三重県のたからものです。
国内で売られている土鍋には
遠赤外線効果の高い商品
遠赤外線効果の低い商品
あります。  

軽い土鍋は、
重い土鍋と比べ
遠赤外線効果がありません。

土鍋の底の厚みが
薄い軽い土鍋は、
コゲツキやすい土鍋です。

厚みがあり軽量な
土鍋が国産で開発されています。



土鍋の遠赤外線効果の
エビデンスは、三重県工業研究所に
あります。

三重県工業研究所  
窯業研究室
伊賀分室は、
三重県伊賀市丸柱474です。
伊賀焼の高耐熱土鍋の研究所です。
   弊社がいつもお世話になっています。

弊社の高耐熱土鍋は、 
三重県工業研究所の 

鉛、カドニュウム、溶出試験に 
合格しています。

また、
350度温度差熱衝撃試験にも   
合格しています。



お問い合わせ
(株)山 又  
担当者 森里祥生 
TEL 0595-44-1502
お問い合わせは
午前9時から午後5時まで
でよろしくお願いします。

時間外はメールでお問い合わせ下さい。

お勧め商品
カートを確認する
送料全国一律864円⇒0円!
4,000円以上のご注文で送料無料!