窯元直販!安心安全の日本製土鍋 - 伊賀焼窯元 山又窯

こんにちは ゲスト 様   ログイン会員登録
伊賀焼窯元 山又窯
〒518-1325
三重県伊賀市丸柱1274-1
TEL 0595-44-1502
FAX 0595-44-1021
模様で選ぶ
  • 伊賀黒釉土鍋
  • 点字丸紋土鍋
  • 梅絵土鍋
  • 梅絵黒釉土鍋
  • 輪花黒釉土鍋
サイズで選ぶ
  • 土鍋10号(5〜6人用)
  • 土鍋9号(4〜5人用)
  • 土鍋8号(3〜4人用)
  • 土鍋6号(1人用)
トピックス
ごあいさつ


9号 2200円 税込み 送料無料
1800円
8号土鍋 税込み1800円  送料無料
2020年末
特別価格キャンペーン中


山又窯の
高耐熱土鍋は、
 
目止めする
必要がありません。

しなくても

ほとんど
ひび割れがありません。
   強火を使うと
おいしく炊ける
「土鍋でごはん」に   
最適です。 

弊社では、
500度温度差熱衝撃の
サンプル試験を
行っています。

直火用土鍋の
ひび割れは、
原料の粘土と
     焼結具合に
     よりますが
使えば使うほど
粘土と釉薬
熱膨張の差により
起こります。

「目止め」では
  水漏れ
ひび割れ
匂い移り
  防げません.
 
ひび割れが起こると
水が浸みこむ場合と
水が浸みこまない場合が
あります。

ひび割れは、
  毎日の気温差でも、
  繰り返しで、
  ひび割れ、
  劣化していきます

 
  また、
京都の
スッポン鍋料理屋さんや
湯豆腐料理屋さんのように
使い続けないと
ひび割れのひびの奥に
カビが生えます。

ひび割れた部分が黒いのは
カビが生えています。

二日目のカレーが 
衛生的に良くないように 
煮汁のしみ込んだ土鍋も 
同じことです。 
 
土鍋のひび割れは、
磁器 (有田焼)や
Т (備前焼や常滑焼 の「朱泥急須」)
にはない、
陶器 (伊賀焼etc) の
貫入です。

陶磁器は、粘土の違いで、
上記3種類に分類できます。

貫入の入っているのが陶器で、
入っていないのが磁器です。


ひび割れが 起こると
その結果
浸みこんだ水が
をとるため
沸騰しにくい土鍋になり
カビが生えます。
その土鍋で煮炊きすると 
土鍋内側と外側
両方から
黒い煮汁が出てきます。
   
土鍋を
乾燥しないまま使用すると、
外側から黒い洗い水
出てきます。
この場合
中には入りません。(高耐熱土鍋のみ)
軽く空焚きして
乾燥させると
洗い水は出てきません。
  
漬け置き洗い は 
しないで下さい。

いったんが    
浸みこんでしまうと  
軽い空焚きぐらいでは
乾燥できません

土鍋の外側は、
なるべく水を使わず
乾拭き にして下さい。

水のしみ込んだ土鍋を    
     強火で使用すると   
原料の粘土と
     焼結具合に
     よりますが
     水蒸気が   
     一気に発生し   
     釉薬をはがす危険が    
あります。  

  山又土鍋の内側の縁部分は、
  釉薬を施釉していません。
  製造上変形を防ぐためと
  使用時の水蒸気が
  ぬけるように
  するためです。

 
  有田焼天草陶石は  
不純物がほとんとないので  
真っ白です。 

織部釉などのみどり色と、
辰砂赤色は、
酸化銅の色です。

志野釉などの白色は、
長石か酸化ジルコニウムか酸化チタンの色です。

天目釉の黒色は基本、コバルトクロムの混合です。
黒色の分析は困難です。

弊社伊賀粘土には、
ごくわずかの鉄分が含まれています。
その鉄分の色が焼き上がりに発色しています。
酸化焼成の為淡い黄色になります。
還元焼成にすると淡い青色になります。
いわいる青磁のいろです。



高耐熱土鍋は
ひび割れ を起こりにくく 
するため開発されました。
 
安心安全日本製土鍋

不純物はおもに重金属です。

重金属の流出で土壌蓄積、水質汚染されます。
現在、有害と言われる重金属等は、  
カドミウム・六価クロム・シアン・総水銀・アルキル水銀・   
セレン・鉛・ヒ素・ フッ素・ホウ素が挙げられています。 

   今の日本には、
食品衛生法があるので、
鉛、カドニウムなど
有害物質が溶出する
土鍋は、

一切販売されていません。

    釉薬に鉛(鉛白)を入れると

焼成温度1200度を
1100度で仕上げることができます。

有田焼の磁器で1300度近く
伊賀焼の陶器は、1200度前後です。

焼結ぐあいは、本焼き温度と焼成時間によります。

低温焼成釉薬に
鉛は欠かせないものでしたが、
現在日本では
無鉛低温焼成釉薬が開発されています。

日本では、鉛白の製造販売禁止です。  

規制のない諸外国では、
鉛白を自由に使っています。
昔の日本も同じです。

規制することで、
安全を保っています。
    
高耐熱土鍋は、
三重県工業研究所   
窯業研究室で
開発した土鍋です。

 三重県四日市の万古焼は、
日本一の土鍋生産地です。
  弊社も研究所のデータの
おかげさまで、開発に
成功しました。

土鍋の耐熱性は、   
熱膨張の少ない

原料(ペタライト)の 含有量によります。
粘土と釉薬両方に
入れないと
ひび割れが起こります。
ペタライトは 長石なので
耐火性がありません。

伊賀粘土
耐火性の強い粘土です。

何日も窯で焼いても
他産地にはない
変形しにくい粘土です。

   
伊賀焼土鍋は
土鍋に最適な
粘土を使っています。

国内で売られている土鍋には
遠赤外線効果の高い商品と
遠赤外線効果の低い商品が
あります。  

土鍋の底の厚みが
薄い軽い土鍋は、
遠赤外線効果の低い、
コゲツキやすい土鍋です。

弊社の高耐熱土鍋は、 
日本製
高耐熱土鍋
[JIS S2400による
350度温度差熱衝撃試験
合格商品]

都市ガス (天然ガス ・NPG) と比べて
プロパンガス (LPガス・LPG) のほうが
カロリーが高く、
燃焼時の熱量は約2.2倍です。  
  2倍強の火力があります。

美味しい中華料理を
提供しているお店様は、
LPガスコンロ
使用しています。

火力の高い  
ガスコンロの強火
でひび割れなく
使用できます。

弊社は、
自社開発粘土
自社工場
粘土を製造しています。
   
  また、    
小売店様の多様化により 
    有名ホームセンター様や 
  有名スーパーマーケット様さらに 
  有名ディスカウントストア様に 
  年間受注契約を 
  していただいているおかげで、 
  一年を通じて 
  計画生産
を   
  させていただいています。 
  粘土から完成品になるのに
  約1か月かかります。
  もっとも重要な製造工程は
 
  乾燥です。
 
  夏場は一週間ぐらいですが
  冬場は倍の二週間ぐらいかかります。
  
 
お勧め商品
カートを確認する
送料全国一律864円⇒0円!
4,000円以上のご注文で送料無料!